バックパッカーズ 松本の宿 390-0875 長野県松本市城西2-5-18 http://www.matsuyado.com/

松本平タウン情報さんに載りました

2013/02/26

地域情報紙の松本平タウン情報に記事が掲載されました。

 

空き家再生・街に明かりを 若手経営者ら松本城近くに簡易宿泊所オープン (2013年2月26日号より) 

 

いづれ記事が消えそうなので、デジカメで撮影したものもアップします。

2013/2/26 松本平タウン情報

 

テキストを転載しておきます。

空き家再生・街に明かりを 若手経営者ら松本城近くに簡易宿泊所オープン (2013年2月26日号より)
松本市の若手経営者でつくる豊人会(堀田和輝代表)はバックパッカー向けの簡易宿泊所「バックパッカーズ松本の宿」を同市城西2に開業した。約20年空き家になっていた住宅を改装した手作り宿。今後もこうした物件を店舗などに作り替える計画で、「明かりの消えた場所に再び灯をともし、松本の街を活性化させたい」と第一歩を踏み出した。
「松本の宿」は松本城西側にあり、築70年以上という木造2階建て延べ床面積約100平方メートルの家屋を改装。6畳2間、8畳1間で、玄関から入ってすぐの部屋は畳を取り払って土間にし、約14畳の供用スペースにした。キッチン、バス、トイレは共同で使う。
空き家になってからはほとんど手つかずだったため、屋内外とも荒れ放題の状態。昨秋から、堀田さん(38)らが「再生」に取りかかり、畳、家具などはそのまま使えるようにまで磨き上げ、庭の樹木なども伐採した。

昨年7月、「松本の地域振興に一役買いたい」と豊人会を結成し、有限責任事業組合にしたが、結成から約2カ月間は、具体的な事業が見つからなかった。
そんな中、不動産関係の仕事をしている堀田さんがたまたまこの物件を発見。松本城のすぐ近くで、各部屋は日当たりが良好、2階からはお城と美ケ原が一望できる。かねてから堀田さんの頭にあった「バックパッカー構想」の条件と一致。仲間と協議して第1弾事業とすることにし、大家と賃貸契約するなど準備を進めた。
また、こうした物件を新たな形で復活させることで、「松本の活性化につながるのでは」と、今後の会の方向性も定まった。

バックパッカーの旅行者には外国人も多いため、宿泊だけでなく、地域住民や学生を集めて交流の場にしたり、庭でバーベキューや「流しそば」などのイベントも行う計画だ。
堀田さんは「今回は宿になったが、物件により飲食店や雑貨店などさまざまな形態が考えられる。とにかく松本に明かりを増やしたい」と話した。
宿泊料は1人1泊2500円(素泊まり)。3月いっぱいはプレオープンで同1500円。問い合わせ電話080・4958・8174【バックパッカー】低予算で個人旅行する旅行者。バックパック(ザック)を背負う人が多いことからこの名がついた。公共交通機関を利用し、ユースホステルや安宿を好み、地元住民との交流を目的にするなどの特徴がある。
(浜秋彦)
  • 2016.10.03
    11/27落語会のお知らせ
  • 2016.09.07
    告知:ハロウィンパーティー2016
  • 2016.08.29
    イベント情報:松本城「月見の宴」
  • 2016.07.03
    住み込みヘルパーさん急募!!
  • 2015.01.01
    松本駅からの道案内動画を追加しました
  • 2016.10.03
    11/27落語会のお知らせ
  • 2016.09.07
    告知:ハロウィンパーティー2016
Copyright © 2012- matsuyado.com All rights reserved.